ストレスがなくなり、活動的になる食べ物

f:id:tamurasann:20190225220528j:plain

人間は感情があるのでプラスの感情時もあれば、マイナスの感情の時もあります。

マイナスの感情の時は、動きたくなかったり、とにかくなにもしたくないですよね。。

 

そんなときは、とりあえず、カカオポリフェノールが70%以上含まれるチョコレートを食べましょう。

 

 

愛知学院大学では蒲郡市内外の45~69歳までの347人(男性123人、女性224人)に、4週間、カカオポリフェノールを多く含むチョコレートを毎日一定量(1日5gを5枚、約150 kcal)摂取していただき、摂取前後の血圧測定や血液検査などで身体の状態の変化を検証したそうです。

チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究 中間報告|みんなの健康チョコライフ

 

その結果、カカオポリフェノールが多く含まれるチョコレートには以下の効果があったそうです。

 

 

・血圧のピーク値が下がる。

カカオポリフェノールは小腸で吸収され、血管の内部に入っていくので血管を広げ、赤血球を通りやすくします。

 

 

 

・活動的で健康になる。

健康状態がよく、この1か月の間、活力にあふれ、落ち着いており、楽しく、おだやかな気分であった。また、身体の痛みが通常時よりも少なかったという報告も。

 

 

 

・BMIや体重の変化がなかった。

1日5gを5枚、約150 kcal(キットカット3本ぐらい)を4週間取り続けていても太らなかった。

 

 

ポイントとしては、カカオポリフェノールが多く含むチョコレートを摂取することです。

 

また、チョコレートはほとんど水分を含んでいないので腐ることはなく、賞味期限も短いものでも6か月ほどあります。なので買い貯めして、仕事の過渡期や口がさみしいときに食べるものよいですね。

 

 

ちなみにカカオとは何かというと。

平均温度27度以上のアフリカや中南米で栽培されているカカオの樹からとれるものです。画像で見ると結構気持ち悪いですね。

f:id:tamurasann:20190225220528j:plain