第一印象でインパクトを与える!禁断の5つの方法

f:id:tamurasann:20190301202504j:plain

人は見た目が9割という本が流行ったり、新入社員は毎朝挨拶運動がある企業があったり…第一印象を気にしている人はとても多くいると思います。

 

 

わたしも第一印象にはとても気を使い、過ごしていますが、相手の記憶に残るほどの第一印象の良さは出すことができていません。

 

 

そこで今回は相手の記憶に残るような

第一印象でインパクトを与える禁断の5つの方法

を考えてみました。

(あくまで第一印象を良くするのではなく、第一印象でインパクトを与えるというところに焦点をあてていますのであしからず)

 

f:id:tamurasann:20190301202504j:plain

 

目立つ色を身にまとう

赤やオレンジ、黄色などの誘目性が高い帽子や服、ズボン、靴などを着ましょう。あっという間に目立つことができます。帽子だけ、ズボンだけとかではなく、できればすべてのものを誘目性が高い色にしてください。真っ白な服に血のりをぶっかけても良いと思います。それぐらい目立つ色を身にまとってください。

 

 

 

視認性の意識

背景色との明るさの違いによって視認性が良くなります。そのため、目立つために暖色系の色を使ってるので下に着るシャツなどは黒色を着てください。習字帰りの小学生に墨汁をかけられても良いですし、建設現場に溜まった水溜まりに真っ白なTシャツを一度落として、それを着るのも良いでしょう。

 

 

大きな音を出す

街中や人目がつくところでは太鼓をたたいたり、突然大きな声を出したり、とくにかく大きな音を出しましょう。難易度が非常に高いですが、これだけでも大きな効果を得ることができます。

 

 

自信を持って、社交的になりましょう

自信を持つということは過去の行動にも左右されるので難しいですが、まずは街中では風をきるように歩き、すれ違う人全員に話しかけてください。

 

 

 

第一印象でインパクトを与えるまとめ

・赤やオレンジ、黄色などの目立つ色の衣服を着る。

・下着は黒色

・人目がつくところで大きな音を出す。

・自信をもつ。