色々な国に泳いで行ったらどれぐらい時間がかかるのか。

f:id:tamurasann:20190309153332j:plain

飛行機に乗るお金がない、かといって船で行くのも安くない。

じゃあ、どうすれば・・・泳いでいったら無料で行けるじゃん!

 

愛媛の脱走受刑者も向島から本州まで泳いでたし、いけるはず。

 

今回は色々な国に泳いでいったら、どれぐらい時間がかかるのか調査してみました。

※実際には様々な問題があるので不可能です。

 

 

韓国に行ってみよう

キムチや焼き肉、参鶏湯など韓国料理っておいしいですよね。また、女性であれば化粧品を目当てに行く人も多いのでしょうか。

そんな韓国に泳いで行ってみたいと思います。

f:id:tamurasann:20190309153332j:plain

韓国に近い福岡を起点とし、日本に近い韓国の釜山を終点とすると約200km距離があります。

 

一番早く泳げるクロールにて世界最速記録のスピード時速8.6kmで泳ぎ続けるとなんと23時間で韓国に着くことができます。1日掛からずに他国に無料でいけるのはすごいですよね。

swimminglovers.com

 

中国に行ってみよう

中国も美味しい中華料理がいっぱいですよね。また、万里の長城や兵馬俑など観光スポットがたくさんある国でもあり、今日の経済発展も素晴らしい国ですよね。

そんな中国に泳いで行ってみます。

f:id:tamurasann:20190309153332j:plain

起点は中国に近い長崎、終点は日本に近い上海とすると距離は約800kmとなります。

こちらもクロールで世界最速の速さで泳いでいきます。

すると、93時間(約4日)かかります。4日間寝ないで泳ぎ続けないといけないし、途中で休む場所がないので出発する前に寝だめや食いだめしておくことをお勧めします。

 

ハワイに行ってみよう

温暖な気候で心地よく、自然もたっぷりあり、日本人も多くいて、ストレスを解消するにはうってつけの場所だと思います。

しかし、ハワイに行くのは飛行機代だけで10万円前後するので大金でそんな簡単にいけません。お金がないので泳いで行ってみましょう。

f:id:tamurasann:20190309153332j:plain

起点はハワイに近い千葉県勝浦市、終点は日本に近いホノルルとすると距離は6,150kmになります。さすがに韓国中国とは桁が違う遠さ・・・さらに日付変更線も越えなければいけない・・・

でも頑張ってクロールで世界最速の速さで泳ぎます。すると715時間(約30日)かかります。

寝だめや食いだめではやっていけないのでビート板を使って、ビート版の上で寝泊まり、釣り竿を持参して、釣り竿を使って魚を釣って魚を食べるなどをすることをおすすめいたします。

 

まとめ 色々な国を泳いでいった場合の時間

韓国:23時間

中国:93時間(約4日)

ハワイ:715時間(約30日)

 ※技法はクロールで世界最速の速さ時速8.6kmで泳ぎ続けた場合

 

上記のような結果になったのであまりおすすめしません。