毎日時短してくれる無料ツール(ダウンロード不要)

f:id:tamurasann:20190313202148p:plain

会社や自分の作業場に着いた時、一番初めに何をしますか?

 


パソコンの電源を入れて、コーヒーを入れたり
パソコンの電源を入れて、たばこを吸いに一服したり

 

とりあえず、パソコンの電源を入れてから何かをする人って多いと思います。

さらに深堀りをすると、コーヒーを入れて、自分の机に戻った後に今日のToDoファイルを起動したり、スケジュールを見たり、Outlookなどのメールソフトを立ち上げたり
会社の基幹システムを立ち上げたり・・・結構やること多いですよね。

 

基本的には何かを立ち上げるだけの作業なのでそんなに時間はかからないですが、パソコンを付けた後に自動的に起動しといてくれれればと思ったことないですか。

 

今回はそんな方にお勧めのツールを紹介させていただきます。

 

 

毎日時短してくれる『スタートアップ』について

今回おすすめするツールは『スタートアップ』というものになります。

 

スタートアップとは、パソコン(Windows)を立ち上げたときに、自動的にシステムを起動してくれる箱のようなものです。

実はこのスタートアップというツールはWindowsPCに標準装備されているものなんです

そのため、新たにソフトをダウンロードをするということは不要で、下記の記載する使い方の手順に従っていただくだけですぐに利用可能になります。

 

スタートアップの使い方(追加)

①キーボードの Windows + R で『ファイル名を指定して実行』ウィンドウを開く

f:id:tamurasann:20190313202148p:plain



②『shell:startup』と入力して、OKボタンをクリック

f:id:tamurasann:20190313202425p:plain

 


③スタートアップフォルダが開くのでそこへパソコン起動時に自動的に起動したいアプリケーションを入れる。

f:id:tamurasann:20190313202606p:plain

これで設定完了です。

次回、パソコン起動時に自動的にスタートアップフォルダに入れているアプリケーションが実行されます。

上記のフォルダにはGoogle Choromeを入れているのでパソコン起動時に自動的にGoogle Choromeが起動されるのです。

 

f:id:tamurasann:20190313202955p:plain

アプリケーションをスタートアップフォルダに入れる方法は

入れたいアプリケーションを選択し、右クリック ➡ コピー ➡ スタートアップフォルダ上で貼り付け

 

むちゃくちゃ簡単ですよね!


スタートアップの使い方(無効化)

基本的にスタートアップフォルダを開いて、そのアプリケーションを削除することで無効にすることができます。

 

後でまた、スタートアップしたくなるような場合は以下の方法で行うのがおすすめです。

 

Windows7の場合
①キーボードの Windows + R で『ファイル名を指定して実行』ウィンドウを開く

f:id:tamurasann:20190313202148p:plain



②『msconfig』と入力して、OKボタンをクリック

f:id:tamurasann:20190313203405p:plain


③システム構成の画面が出てくるので『スタートアップ』タブをクリックして、スタートアップフォルダに入れ込んだアプリケーションがあるはずなので横のチェック入れると有効、横のチェックを外すと無効にすることができます。

f:id:tamurasann:20190313204026p:plain

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2168138

 

Windows10の場合

①Ctrl + Alt + Delete を押して、タスクマネージャーを開いて、スタートアップタブをクリック

f:id:tamurasann:20190313204334p:plain

 

②無効化したいアプリケーションを左クリックして、選択

 

③右クリックを押して無効化ボタンを押してください。

有効化に戻したい場合は右クリックして、有効化ボタンを押すとOKです。

 

 

わたしのスタートアップのラインナップ

わたしのスタートアップのラインナップです。

f:id:tamurasann:20190313212602p:plain

 右クリック ➡ 新規作成 ➡ ショートカットで特定のサイトを起動することもできます。Webブラウザを開く、規定アプリのチェックも確認してみてください。

 

規定アプリのチェック

デスクトップ上で右クリック ➡ 個人用設定 ➡ 右上にあるホームボタンをクリック

f:id:tamurasann:20190313213610p:plain

 

アプリボタンを押して、以下の画面で規定アプリの変更ができます。

f:id:tamurasann:20190313213704p:plain

f:id:tamurasann:20190313213747p:plain

 

また、以下の記事で記載しているOneNoteも自動起動することによってさらなる時短が可能となります。

www.netachoo.work

 

ぜひ、活用してみてください。

 

ゼロからはじめる OneNote 2016/2013 スマートガイド

ゼロからはじめる OneNote 2016/2013 スマートガイド