Googleアドセンス停止にならないための記事の書き方3選

f:id:tamurasann:20190326172723j:plain
Googleアドセンスの合格を目指している方やGoogleアドセンスにすでに合格されている方に対して、Googleアドセンスが停止・不合格とならないための記事の書き方3選を紹介させていただきます。

 

Googleアドセンス停止にならないための記事の書き方3選

①家族や子供が安心して見れるような記事であるか。

②誰もが違法だと思うことを書いていないか。

③誰かを傷つけるような内容ではないか。

 

以上の3つを意識してブログを記載していれば、基本的にGoogleアドセンスの規約に引っかかることはなく、アドセンスの停止とはなりません。詳しい内容は以下となります。

 

 

広告を貼ったら、ダメな記事

GoogleAdsenseのコンテンツポリシーを熟読した私が重要なところを簡単にまとめました。

 

アダルトコンテンツ

ポルノ、アダルト、成人向けの記事。国によって解釈の度合いが変わりますが、子供に見せて大丈夫なのか?ということが判断基準。

 

危険または中傷的なコンテンツ

自分自身及び他者や個人で構成される集団組織、宗教団体を中傷している記事。

テロリストを支持するような記事。

 

危険ドラッグ、薬物、タバコ、アルコールに関連するコンテンツ

精神状態を変えるような物質を含む薬物(コカインや覚せい剤、マリファナ・・・)に関連する記事

タバコを宣伝・販売するような記事(アイコスのような電子タバコも含む)

※禁煙に関するページやタバコを販売しないような記事は例外として許可

 アルコール飲料を直接サイト経由で購入できるような記事、過度な飲酒を促すような記事

※バーや店舗の案内やアルコールブランドの宣伝をするような記事は例外として許可

 

ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ

現金や品物をオンライン上で獲得できるようなオンラインカジノやブックメーカーなどに関連する記事

 

ヘルスケアに関連するコンテンツ

処方薬のオンライン販売に関する記事

オンラインのドラッグストア、薬局へ誘導するような記事

未承認の医薬品やサプリメントを掲載している記事

※市販薬に関するページは例外として許可

 

ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ

ハッキングやクラッキングを行うための方法や手順、手段を掲載した記事

 

報酬プログラムを提供するページ

広告クリックの対価として報酬を促すような記事

 

その他コンテンツ

事故現場の写真や生々しく、不快感を与えるような記事

パスポートや身分証明証の偽造など不正行為を助長するような記事

強制的な性行為や児童性的虐待等、違法な記事

 

 最後に

以上が私がGoogleアドセンスのコンテンツポリシーの中で重要だと思う内容でした。

最初にも記載しましたが、基本的に3つの事を意識していれば、Googleアドセンスの停止には至らないのでブログの記事を書く際には意識をして、書くようにしましょう。

 

 

実際のGoogleアドセンスコンテンツポリシー

support.google.com