投資編:貯金1,000万円で不労所得になる方法

f:id:tamurasann:20190326081000j:plain
何のためにいまの仕事をしていますか?と尋ねたらお金のためです。と答える人は多いのではないでしょうか。

 

今回は数年~数十年我慢して、貯金1,000万円を貯めて、年間200万円を不労所得で得る方法を考えてみました。

まずは10年で貯金1,000万円(貯金額ベース)

年間100万円貯金すると10年で貯金1,000万円貯まります。

月8万~9万円貯金すると年間100万円貯まります。

ボーナス2ヶ月の場合だと、月7万円を貯金すると年間100万円貯まります。

具体例:月手取り18万円の場合

f:id:tamurasann:20190326084229p:plain

北海道の道北地方だと4万円から5万円の家賃で最大2LDKの物件があります。

携帯については格安SIMを使用すると月々の出費がかなり抑えることができます。

わたしはSoftbankからUQモバイルへ乗り換えましたが、不満ゼロです。

①不労所得:株の購入

貯金1,000万円が貯まったら、配当利回りが良く、割安で業績が良い株をリスクヘッジを考えて購入しましょう。

インカムゲイン、キャピタルゲインの両刀使いで稼ぐ

インカムゲインとは資産の保有中に得られる収益のことです。配当金や優待券などがインカムゲインに当てはまります。

キャピタルゲインとは資産の売買差額によって、得られる収益のことです。

 

【目安】

・東証一部で配当利回りが4%以上ある企業

・割安で業績が良い株

・リスクヘッジを考えて2~3社購入

以下のサイトを参考にしていただくと情報がぱっと見でわかります。

jp.kabumap.com

リスクヘッジとは簡単に言うと不景気な時に儲かる企業と景気が良い時に儲かる企業のどちらも買うこと。そうすることでどちらかが傾いてもリスクヘッジができており、配当金はしっかりもらえます。

 

(年間収益)

インカムゲインによる収益

1,000万円 × 4% = 40万円

 

キャピタルゲインによる収益

1,000万円 × 4% = 40万円

株の購入による不労所得:80万円

 

②不労所得:ブログの活用

 

日々の株の値動きをブログに記載してみましょう。広告が付くようなレベルになると投資、金融系のブログは広告単価が高く、1クリック1,000円発生する事例もあります。

 

(年間収益)

ブログによる不労所得:60万円 

③不労所得:SNSの活用

f:id:tamurasann:20190326135229p:plain

ブログの記載と同様にSNSを活用しましょう。使い方はそれぞれですが、ブログの簡単な内容を投稿していたらOKだと思います。ブランディングの基礎となります。

④不労所得:少額でFX

ブログとSNSを活用すればある程度自分に価値(ブランディング)が付いてきます。

海外のFX会社ではその人経由で登録すると登録した人が取引するたびに数%のクレジットがボーナスとしてはいってきます。

そのクレジットを使用してFXで高レバレッジで取引するとほぼリスクなしで一攫千金の可能性があります。

 

(年間収益)

少額FXによる不労所得:60万円

貯金1,000万円で不労所得になるまとめ

f:id:tamurasann:20190326134605p:plain

(年間収益)

株の購入による不労所得:80万円

ブログによる不労所得:60万円

少額FXによる不労所得:60万円

合計:200万円

 

うまくいけば、年間200万円の不労所得を得ることができます。

 

最後に

1,000万円貯めてからではなく、月々少しずつ投資していって良いんじゃないの?と考える方もいらっしゃるかと思います。

メンタルが保てる方はそれでもOKです。

ただ、投資・投機は人間のメンタルはものすごく重要でメンタルのせいで退場してきた人は何人もいます。少額だとお金の有難みが分かりづらく、ギャンブル的な使い方をしてしまう可能性があります。

なので、私個人の考えとしてはしっかりと多額のお金を貯めてから多額のお金を使う。そうすることで汗水垂らして貯めてきたお金を大切に扱うことができるのではないでしょうか。

また、少額でFXやブログ、SNSの活動に関しては、それだけで生きていく前提ではないので労働とは違うという前提で考えていただければと思います。