RPAとAIとの違いについて調べたら技術革新が進歩しすぎて驚いた

f:id:tamurasann:20190505130318j:plain

世界中の企業でRPAやAIを導入し、業務の効率化を図ることが進められてきています。RPAやAIを導入することで業務が効率化され、人件費のコストダウンや処理スピードの向上など今後のビジネスの世界では注目不可欠なものとなっています。そこでRPAとAIの違いがあまり分からなかったので調べてみたら、今日の技術進歩の具合について衝撃を受けました。

 

RPAとは

RPAとは「ロボティック・プロセス・オートメーション」の略語です。

標準化された会社の事務作業をロボットが代わって行ってくれます。わたしの会社でも会社の基幹システムと連動し、請求書や受注仕様書を自動で作成・関係者各位にメール案内するというようなRPAを採用しております。

下記の動画はUiPathというRPAツールにて会社の基幹システムと連携し、請求書の処理作業をロボットが自動で行っています。

youtu.be

 

下記の動画はPythonを使って、簡単に自作したRPAですが、Yahooで「RPA」と検索し、検索結果のURLを順番にクリックして、開いていくというものです。ここまでの作業では全く役に立たないRPAですが、その後の作業も簡単に追加していくことが可能です。

youtu.be

 

これらのRPAは簡単な作業を簡単に自動化することが可能ですが、人間が設定したルール、条件に従って行動を行うため、ロボット自身が判断して処理を行うことはできません。

また、各社が開発しているRPAツールにも初心者が扱いやすいタイプやセキュリティが万全なタイプ等、各種様々な特徴があります。

 

以下のサイトではRPAツールの特徴を比較しているので導入する際にはとても参考になると思います。

https://liskul.com/rpa-tool-10-28732

AIとは

AIとは「アーティフィシャル・インテリジェンス」の略語で人工知能のことです。

データベースに蓄積された情報をもとに、その都度システムが最良の判断を選択し、処理を行っていきます。さらにその判断の結果から分析を行い、その結果をデータとして蓄積し、次の処理時にはその分析結果を生かしたうえで処理を行います。

www.youtube.com

上記の動画はどのような動きを行うことで壁にぶつからずに走れるかを何度も試して自己学習し、最良の判断をロボット自らが行っています。

 

youtu.be

上記の動画は人間の歌声や声質を学習し、人間さながらに歌うロボットAIです。これは衝撃ですよね。

 

youtu.be

上記の動画はマイクロソフトによって開発された人工知能のりんなが歌っている動画です。これも何も言われなければロボットが歌っているとわからないレベルです。

 

以下のサイトでは様々なAIを開発している企業を紹介しています。顧客のニーズを分析し、判断するようなAIや自動翻訳をするAI、ファッション(感性)を学習するAIなど多くのAIが世に広まっていることがわかります。

www.biz.ne.jp

RPAとAIの違い

 

RPAとAIの違いは簡潔にいうと、ロボット自身が自己学習ができるかできないかの違いとなります。

RPAは自己学習ができないものの、簡単な作業を簡単に自動化することができ、AIは自己学習ができて、複雑な作業もロボットが最良の判断を選択し、処理を行うことができます。

終わりに

ロボットがここまで進歩しているのは衝撃ですよね。今後、モバイル通信の5Gがくることにより一層、これらのRPAやAI等のロボットについて注目度が高まると思います。

ちなみにマイクロソフトが開発したりんなは上記で貼った動画以外にもちがう歌を歌っている動画もありますので時間があればぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。